八王子市で外壁塗装ならファーストライン

八王子市で外壁塗装ならファーストライン

外壁の塗り直しをせずに放置し続けたらどうなる?外壁塗装の目的

1 views

外壁塗装は、長くても10年に一度は行う必要があります。

なぜなら、時間が経つほどに塗料が劣化していき、そこから劣化が内部に進み、やがて家自体の安全度を下げてしまうからです。

外壁塗装工事は決して安い買い物ではないため、あまり気が進まないという方も少なくないのではないでしょうか。

ところが、目先の出費を渋ったばかりに、後で多額の修繕費用が必要になることもあり得ることです。

外壁の塗り直しは適切なタイミングで定期的に行いましょう。

外壁を塗装する目的

そもそもなぜ外壁に塗装を施す必要があるのでしょうか。

最大の目的はやはり防水でしょう。

外壁は常に風雨に晒されていますから、塗装によって保護しないとすぐに劣化が進んでしまいます。

日本の場合、木造家屋が多いうえに湿度も高いため、しっかり防水対策をしないと建物内部の木材や鉄筋まですぐに腐食してしまう恐れがあるのです。

また、断熱も外壁塗装の大きな目的の一つです。

冬場に冷たい外気が家の中に入ることを防ぐためというのはもちろん、夏場、暑い外気が侵入することを防ぐとともに、エアコンで冷えた室内の空気を室外に漏らさないという目的もあります。

外壁塗装を怠るとどうなるのか

新築時の塗装のまま、塗り直しをせずにずっと放置しておくとどうなるのでしょうか。

まず、塗料が劣化するとともに本来塗料が持っている防水機能が低下してしまうため、外壁に湿気が付きやすくなります。

さらに、外壁に湿気が溜まっている状態が続くと、日光が当たって乾燥した時に歪みが生じやすくなるでしょう。

壁に歪みが生じるとどうなるでしょうか。

歪みが大きくなれば、やがてそこからヒビが生じるのは必然です。

ヒビができると、そこから家の内部に水分が侵入してしまうため、湿気や結露が家の中に発生しやすくなるのは言うまでもありません。

そうするうちに、湿気や結露によって家を構成する木材や鉄骨、コンクリートの劣化はどんどん進みます。

その状態でもまだ放置し続けていると、遠からず家の基礎部分まで劣化することになってしまい、最悪の場合、住み続けることができなくなってしまうのです。

外壁塗装のことならファーストラインへ

このように、外壁塗装工事を怠ることで、家全体に大きな悪影響が及ぶことがわかりました。

大切な我が家に住み続けられなくなる恐れもあるため、定期的な塗り直しは不可欠なのです。

八王子市で外壁塗装を検討されるなら、ぜひファーストラインにお任せください。

お見積りだけでも大歓迎です。

屋根や外壁塗り替えなら八王子市密着のFirst Lineまでお問合わせ下さい!
お見積りはもちろん無料です!しつこい営業は一切しません!

042-649-7483(受付9:00~19:00)

メールフォームはこちら