八王子市で外壁塗装ならファーストライン

八王子市で外壁塗装ならファーストライン

塗料の寿命が延びる?外壁塗装工事での下地処理の重要性

63 views

外壁塗装にはいくつかの工程がありますが、そのなかでも大きな重要性を持つのが下地処理の作業です。

実際に塗料での塗装を始める前に必ず行うこの下地処理には、いったいどのような意味があるのでしょうか。

下地処理の重要性

下地処理とは、具体的には、汚れ、ほこり、錆びなど外壁に付着している不要なものを除去するとともに、ひび割れなどがある場合はそれを補修するといった、塗料を塗りやすくするための作業のことです。

外壁塗装がしやすいかどうかは、この下地処理の具合によって決まると言ってもよいでしょう。

塗装がしやすいというのはどういうことかというと、簡単に言えば塗料と壁とが密着しやすい状態にあるということです。

壁に塗料を塗った時にきれいに密着することで、見た目もきれいになるうえ時間が経っても落ちにくくなります。

逆に、壁に汚れが付着していたりひび割れや凹凸があったりして、塗料が密着しにくい状態では、どんなに丁寧に塗装しても剥がれやすくなってしまいますし、見た目もなかなかきれいに仕上がりません。

下地処理で塗装の寿命が変わる

外壁塗装は10年に一度行うとよいとされますが、それは、塗料の耐用年数が数年なので、塗装から数年経つと徐々に劣化が始まり、10年ほどで完全に塗り直す必要があるほど劣化し切ってしまうというのが理由です。

つまり、どんなに丁寧に塗装しても、時間が経てば塗料は必ず劣化します。

それなのに、下地処理も丁寧に行わずに塗装してしまうと、その劣化スピードはさらに早まるでしょう。

下地処理を怠ったばかりにわずか2~3年で塗料が剥がれ落ちるなんてこともあり得ます。

どんなに丁寧な塗装でもいつかは必ず塗り直しをしなければなりませんが、なるべくそれまでの期間を延ばすためにも、丁寧な下地処理で塗料を長持ちさせることが大切なのです。

節約のためにも下地処理に熟達した業者を選ぼう

塗り直しまでの期間が長くなるということは、それだけ塗装にかかるお金も節約できるということです。

下地処理にかかるお金をケチったがために、わずか数年で塗り直しを余儀なくされることになっては、逆に損をしてしまうことになります。

下地処理にはさまざまな作業があり、表面の補修など職人の技術力によって仕上がりに差が出るポイントです。

それだけに、業者選びが重要になるとも言えるでしょう。

八王子市で外壁塗装業者をお探しなら、ファーストラインをご検討ください。

熟練の職人が下地処理から丁寧に作業いたします。

お客さまの納得できる仕上がりをお約束しますので、お気軽にご相談ください。

屋根や外壁塗り替えなら八王子市密着のFirst Lineまでお問合わせ下さい!
お見積りはもちろん無料です!しつこい営業は一切しません!

042-649-7483(受付9:00~19:00)

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)