八王子市で外壁塗装ならファーストライン

八王子市で外壁塗装ならファーストライン

オートンイクシードは長期間劣化しないシーリング材

0 views

シーリング材は経年により劣化します。

外壁塗装を行う際にシーリング材の打ち替え工事も行うのが一般的です。

しかし、シーリング材が外壁塗装よりも早く劣化するケースも有ります。

そうなると、次の外壁塗装よりも先にシーリングの打ち替え工事だけを行うことになり、余計な費用がかかることになります。

シーリング材の寿命

外壁塗装が劣化してきて色あせやチョーキングが起きても、すぐに雨漏りするわけではありません。

しかしシーリングが劣化して亀裂や隙間が出来てしまった場合、早急に対処しないと雨漏りの原因となってしまいます。

シーリング工事だけを行う場合でも足場工事が必要になりますから、かなりの費用がかかることになります。

せっかくグレードの高い塗料を選定して長持ちする外壁塗装を行ったのに、シーリングが早く劣化してしまっては高価な塗料を選んだ意味がなくなってしまいます。

もし長持ちするシーリング材が有れば、外壁塗装とシーリング工事をいっしょに行うように計画することが可能になります。

長持ちするシーリング材

最近、長期間耐久型のシーリング材が販売されるようになりました。

商品名をオートンイクシードと言い、耐用年数は15年超です。

塗料の方は、シリコン塗料の耐用年数が10~15年、フッ素塗料の耐用年数が15~20年ですから、だいたいどちらの塗料を使ってもこのシーリング材であれば耐用年数をほぼ揃えられるということになります。

オートンイクシードの特徴

通常のシーリング材には、柔らかくするために可塑剤が添加されています。

経年とともに可塑剤が分離するためにシーリングが劣化するのですが、オートンイクシードには可塑剤が含まれません。

代わりにLSポリマーを使っているため、劣化せずに弾性が長期間続くようになります。

通常のシーリング材の伸び率は400%ですが、オートンイクシードは1000%超です。

そのため、破断しにくくなっています。

さらに、抜群の耐候性を持っています。

実験データでは、20年超の耐候性が有るされています。

施工業者の技術力が重要

オートンイクシードの性能を引き出すためには、施工業者の技術力が必要です。

外壁ボードへの充填は、ボードの側面だけを接着し背面には接着させないようにしなければなりません。

3面に接着すると伸縮が制限され、性能を生かすことが出来なくなります。

このことを知らずに施工している業者も多いので、注意が必要です。

八王子市で、オートンイクシードを使って長持ちする外壁塗装をしたいとお考えの方には、高い技術力が有り経験豊富なファーストラインがおすすめです。

屋根や外壁塗り替えなら八王子市密着のFirst Lineまでお問合わせ下さい!
お見積りはもちろん無料です!しつこい営業は一切しません!

042-649-7483(受付9:00~19:00)

メールフォームはこちら